福島県双葉町のJR常磐線双葉駅周辺で災害公営住宅が建設されています。建物の外構通路で、SKソイル舗装が採用されました。今回は設計仕様に合ったサンプルをもって、元請け様に承認をもらいに行ってきました。街は工事関係車両などが忙しそうに走っていますが、生活感は感じられず、あの時から止まっている感じが伝わってきました。家・田んぼ・畑・スーパー・ガソリンスタンド・コンビニなど…当たり前の光景がすべて止まっていました。言葉になりません…双葉町の皆様に長く親しんでもらえる舗装に仕上げたいと思います。

[災害公営住宅整備工事][1040m2]

大熊町に入る手前に帰宅困難地域の看板がありました。
各家の入口にはバリケードがされていて庭木・雑草が繁茂し、道路から家を確認出来るのは数軒でした。
小学校です。グランドを借りて現場事務所が3棟ほど建っていました。
田んぼだったと思われる広大な敷地、雑草が生い茂っています。
地元消防団の詰め所です。午後2時47分で止まっています。
JR常磐線 双葉駅です。奇麗に整備されていました。
双葉駅西側、災害公営住宅整備工事の現場
建物間の通路をSKソイル舗装で仕上げます。