現場打ち合わせで、滋賀県・京都府に行ってきました。滋賀県にある西教寺、ラックストーンの石材風化状況が周りの景観になじんできたようでした。京都府宇治市では、現場打ち合わせの前に黄檗宗大本山 萬福寺に行ってきました。そこで見た石積のパターンがラックストーン乱積タイプに似ていて感動しました。

西教寺
奥の擁壁がラックストーンです。
既設石積の補強工事で、前面に設置しました。
全景
擁壁、上部から撮影
いい感じに苔むしてきています。
あと5年もたてば、情緒ある石積になりますね。
ここからは萬福寺。生け花、いい感性ですね。
真似して、会社の玄関先に作ります。
開梆 (かいばん)と言って、木の棒でたたいて、時をしらせるもの。(現在3代目)木魚の原型とされているようです。全長2.4m
この石積パターン、ラックストーン乱積タイプに似ていてびっくりです。
石材を加工して、乱積風にしていくと、このパターンに近づいてくるのかなー?
正面より