自然に学び風景を創る 人々の暮らしを守るために・・・
HOT NEWS

ラウンドストーン工法

御勅使川(源堰堤)砂防工事 経過報告その2~14号床固工~

御勅使川14号床固め工、すり減り抵抗に強い石材と、ゴム型枠で床固め施設を構築中です。当社は石材を納品しています。延長30m(半分)の石材設置が完了しました。[130m2]

小渋川落差工

小渋川落差工に設置しているスロープ工。 流砂の影響で、コンクリート部が侵食され、管理者である天竜川上流河川事務所様も頭を悩まされていました。 今回の施工着手にあたって社会貢献に関われた事を嬉しく思います。 小渋川筋の先に …

御勅使川(源堰堤)砂防工事 経過報告その1

先月12/24に投稿した御勅使川(源堰堤)砂防工事の経過報告です。工事も進み、石積段階となりました。当社は、天端石材・隅角石を納品します。厚さ450mmある非常に重い石材です。

改修工事が始まります。~御勅使川~

御勅使川(源堰堤)砂防工事が始まります。この川は急流河川として知られており、使用する石材も耐摩耗性試験などを繰り返し、クリアした石材を選定し、安定した精度を保ちつつ加工したものを使用していきます。

堀川改修工事~現場編~

名古屋市の流れる堀川の老朽化した護岸の改修工事です。安全とともに景観も生まれ変われるよう鋭意作業中です。

堀川改修工事~工場編~

江戸時代に名古屋開府に際し、伊勢湾から建築資材を運んだ運河といわれている『名古屋市内を流れる堀川』。 数年前にも営業をかけたが受注に至らず。嬉しい事に、この度ご縁あって受注に至りました。某コンクリートメーカーとタイアップ …

石川県犀川 魚道は健在

2011年より行っている犀川の改修工事の現場に完成箇所の視察もかねて行ってきました。川の流れに変化もあり、魚道として機能を果たせていることが確認できました。

宇治川宇治山田地区河道掘削他工場

宇治川名所の一つ 『亀石』 の前の護岸を整備しています。 景観検討委員会、学識経験者(景観の先生)、施主である淀川河川事務所職員が視察立会にきました。

東京 柳瀬川魚道整備

都県境に沿って流れている空堀川(旧柳瀬川)の一部で魚道整備工事を行いました。河畔林が残る自然豊かな箇所が多いこの川で水中の生態系も豊かになることを期待します。(既設のコンクリート落差をプール式魚道に改修)

塔の島 2019春

2018年に完成した塔の島船着場にも桜の季節がやってきました。桜と護岸が情緒ある風景を醸し出していました。

« 1 2 3 4 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社創景 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.