桂川にて護岸の整備工事を行っています。今回は特殊なケースで、非常に限られた断面形状の中で石積を行います。

[250m2]

工事看板、桂川増水で浸水被害が出た所の対策工事です。
施工方法の説明状況
現場状況写真1
護岸の下部は練石積で施工。上部≒1.0mが、ラックストーン・メッシュフレームタイプとなります。
施工場所は、渡月橋のすぐ近くです。
渡月橋より上流を望む。
河川側より撮影。増水が想定された場合、油圧シリンダーで鋼製板がせり上がります。