宮城県松島群島にある、宮戸島川原地区・里浜漁港で船着き場の改修工事が始まりました。防潮堤の修景です。ラックストーン・フレームタイプで提案しています。周りの景観を配慮して、安山岩を使用する予定です。

[令和2年度緊急自然災害防止対策事業里浜漁港海岸護岸新設工事]

工事看板。こういうところにもSDGsが広がってきてますね。護岸を整備することで安定した食の供給、適正な漁業の行使から2,14の目標を達成をめざすということなのでしょうね。
既設護岸、下段部の石積のイメージに合わせます。
石質は安山岩でした。
工事状況
工事状況その2