ラウンドストーン工法で使用する、RSアンカーの性能試験を行いました。使用する鉄筋は加工性の良い溶融亜鉛メッキ550g/㎡を使っています。何度か試験を行い、今回で3回目となります。アンカーヘッドの強度、引き抜き強度とも安定したものとなりました。

石材に、振動ドリルでφ14.5mmの穴をあけます。
RSアンカー、標準品L=200mm
穿孔後、RSアンカー打ち込み
複数のアンカーを打ち込み、検査します。
引き抜き試験結果