自然に学び風景を創る 人々の暮らしを守るために・・・
HOT NEWS

アンカービオストーン工法

自然石を利用した、空石積み護岸工法アンカービオストーンは、多自然川づくりに最適な工法です。 背面ネットとアンカーシャフトにより自然石を連結することで、耐久性、耐震性に優れた一体型空石積み工法です。 自然石の隙間は水生生物や、水辺植物の生息空間となります。
この隙間は、増水時の小魚等の退避空間としても有効に機能します。
川の営みを生かした河岸の設計にご活用いただけます。
また、控え護岸、隠し護岸としてご活用いただくことも可能です。

和田吉野川護岸修景近況です。

アンカービオストーン工法で3年度にわたり護岸修景を行いました。今年度の和田吉野川でアンカー引き抜き試験を行った際の写真です。自然とうまく融和できているようです。

宇治川宇治山田地区河道掘削他工場

宇治川名所の一つ 『亀石』 の前の護岸を整備しています。 景観検討委員会、学識経験者(景観の先生)、施主である淀川河川事務所職員が視察立会にきました。

塔の島 2019春

2018年に完成した塔の島船着場にも桜の季節がやってきました。桜と護岸が情緒ある風景を醸し出していました。

流下能力向上~宇治川・塔の川編~

平成23年度より工事が始まり、護岸の整備、流下能力の向上、景観の整備で現在に至ります。先日の豪雨の後、設計担当者と現地調査に行き機能向上を改めて確認してきました。少しばかり社会貢献、地域貢献できた気がします。 加えて、被 …

~2018 宇治川鵜飼~ 

宇治市観光協会様の今年の鵜飼パンフレットが完成したようです。 鵜飼船(昼は遊覧船)の乗船施設も新しくなり、利用される観光客で賑わう様子が楽しみです。

上高地涸沢小屋へ行ってきました。―石積壁の補修調査

平成30年4月26日上高地資材荷揚げ用ヘリポートより、涸沢小屋へ石積壁の調査に行ってきました。一週間前に小屋の除雪を始めたばかりで、まだ雪の残る調査となりました。今回は当社の工法には適応しませんでしたが、施工方法が限られ …

和田吉野川アンカービオストーン!

2ヵ年度にわたって、熊谷市内の和田吉野川において、アンカービオストーン工法が採用されました。今年度は総延長285m余り施工しました。

完成検査。

年明けより施工した上戸田川。上流側がアンカービオストーン、下流側は間知石練積みにて施工しました。

京都 『 宇治川の鵜飼 』

平安時代から続く 【 京都宇治川の鵜飼 】 平成23年から続く宇治川塔の島の改修工事に伴い、鵜飼観光客の皆様にご迷惑をお掛けしておりましたが、今年度、船着場が完成しました。 2018年の鵜飼観光には完成した船着場を利用し …

ビオトープを整備しています。

水族館に隣接している公園整備においえてビオトープ整備が進んでいます。 完成して、子ども達で賑わっている光景が目に浮かびます。

1 2 »
PAGETOP
Copyright © 株式会社創景 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.